スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
冷凍食品がおいしい

冷凍食品の歴史

冷凍食品が本格的に広く普及したのは1960年代といわれています。冷凍食品の当初は冷凍技術が未熟だったり、適切な解凍方法がないため、歯応えが悪く味が落ちると評判はいまいちでした。
しかし、クラレンス・バーズアイによって急速冷凍技術が開発され、また1980年代以降には電子レンジの低価格化に伴い広く普及しはじめました。
また最近では、あらかじめ骨を取り除いた魚や高圧で調理した冷凍焼き魚が病院食や学校給食のメニューに取り入れられています
中には弁当に凍ったまま入れ、お昼にちょうど食べごろの解凍状態になって手間要らずでさらに保冷の役目を果たすという冷凍食品も登場した。
しかし一方では、中国よりの輸入食品である中国産のほうれん草などから残留農薬が検出され、冷凍食品に対する不信感が発生してきてしまいました。
天候不良などで野菜の価格が高騰したりしても冷凍食品は影響を受けにくいので値段の面においての利点はまだまだあるといわれています。
category : 冷凍食品とは | - | trackbacks(5)
冷凍食品がおいしい

スポンサーサイト

category : - | - | -
冷凍食品がおいしい
Entry: main  << >>
Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2007/11/30 6:33 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2007/11/30 3:04 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2007/11/09 7:52 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2007/08/27 8:11 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2007/08/27 7:03 PM

冷凍食品の歴史 | 冷凍食品がおいしいサイトトップへ