スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
冷凍食品がおいしい

冷凍食品を検査しよう

冷凍食品をスーパーなどで購入する際にも注意しましょう。
まずは、スーパーのショーケースがちゃんと-18℃以下になっているかチェックしましょう。最近のショーケースはきちんと温度計がついていますので、必ずちらっとみてみましょう。-18℃以下になっていても、冷凍食品を積み過ぎているのはダメですよ。上の方は-18℃以下になっていませんので。
冷凍食品の包装の内側が霜で真っ白になっていないかもチェックしましょう。内側が真っ白になっているのは冷凍食品の品質が落ちています。あと、冷凍食品がもともとバラバラの物が固まっていたりしているのも、一度冷凍食品が溶けかけて再び固まった可能性があるので、これも品質が落ちています。
あとは、冷凍食品検査協会が発行している「認定証」マークがついているかどうかも1つの目安ですよ。
冷凍食品検査協会が認定する「認定証マーク」やJAS規格に合格した「JASマーク」のついているものは、それぞれの基準に合格したものです。とりあえずは、この認定書マークだけでも自分で検査(チェック)してみてはどうでしょうか?
category : 冷凍食品とは | - | trackbacks(0)
冷凍食品がおいしい

スポンサーサイト

category : - | - | -
冷凍食品がおいしい
Entry: main  << >>
Trackback

冷凍食品を検査しよう | 冷凍食品がおいしいサイトトップへ